a specimen room.

 特別版 土壌&植物

維管束植物

絶滅危惧ⅠA類 (CR)

シビイヌワラビ

 

 

採取地別標本

維管束植物

絶滅危惧

ⅠA類 (CR)

シビイヌワラビ

 

山林の林床に生える常緑性シダ。葉柄基部とともに鱗片がある。葉柄は長さ30cmに達し、葉身は単羽状に深裂~全裂し、狭卵形~狭長楕円状三角形、鋭尖頭、葉柄より少し長く、幅20cmに達する。中軸、羽軸は短い毛を密生する。胞子嚢群は長楕円形、やや中肋近くにつく。固有種。

 

 

 

2メッシュの自生地のうち1メッシュでは、発見当時は20-30株が自生していたが、森林伐採のため消失した。残る1メッシュでは数株が残されているだけである。

 

 

環境省 維管束植物レッドデータブック ”シビイヌワラビ” より引用

詳細画像セレクト

Copyright(c)2006- a specimen room. . All Rights Reserved.