a specimen room.

 特別版 土壌&植物

昆虫類 トンボ目

絶滅危惧(CR+EN)

マダラナニワトンボ

 

 

採取地別標本

昆虫類

トンボ目

絶滅危惧

(CR+EN)

マダラナニワトンボ

京都、和歌山を基産地とし、その後、近畿、中国、東海、北陸、東北の各地方にも分布することが分かった。中部以北の記録地は日本海側である。生息地はもともと限られていたが、近年急速に減少し、後述の如く絶滅した県がかなり多くなっている。

 

 

体長30mm内外で黒地に黄色の斑紋がある。未熟個体ではナニワトンボ(S. gracile)と似ているが、成熟すると黒化する。両種はムツアカネ(S. danae)とともに赤化しないアカネ属(Sympetrum属)のトンボである。

 

 

最近激減しているトンボの中でもベッコウトンボ(Libellula angelina)と並ぶ代表的な種で、2000年現在、絶滅した地域は福井、京都、奈良、大阪、岡山、鳥取、広島の7府県にのぼる。三重、滋賀、兵庫も各1ヶ所しか産地がなく、すでに西日本ではほぼ壊滅状態といえる。中部日本でも激減しており、5ヶ所以上の生息地が残っているのは、岐阜、石川、新潟、山形の各県に限定される。

 

 

 

レッドデータブック より引用

 

詳細画像セレクト

Copyright(c)2006- a specimen room. . All Rights Reserved.